ミニマリスト 人間関係断捨離

孤独は贅沢なのか?孤独な男が「結婚」について語ってみた

2020年10月10日

モヤモヤ君
孤独で不安になることがあります。

 

こんなお悩みにお答えします。

 

きしたく
この記事を書いている私は、孤独を愛する会社員です。

 

本記事の内容

  1. 結婚に対する科学的見解
  2. 結婚に対する主観的見解
  3. 孤独は最高の贅沢である

 

生涯未婚率

男性 女性
2020年 26% 17%
2030年 30% 23%

 

2030年には男性の3人に1人が、女性の4人に1人が生涯独身という予測です。

 

今後、この生涯独身率はどんどん上昇していく見込みで、将来に不安を抱えられている方も多いかもしれません。

 

私もみなさんと同じような不安を抱えていたのですが、一人でいると孤独も悪くないな、むしろ贅沢なんじゃねと思えてきたんですよね。

 

そこで今回は孤独を感じている方に向けて、孤独が最高の贅沢であることを語っていきたいと思っています。

 

結婚を否定する内容では、ありませんので悪しからず。

 

今回の記事を読み終われば『孤独も悪くないな〜』と思っていただけるかと思います笑。

 

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

私の人間関係断捨離に関しては下記記事をどうぞ。

>>【LINE友だち2人】人間関係を断捨離した理由と効果について

 

結婚に対する科学的見解

きしたく
まずは結婚に対する科学的見解を紹介します。

 

  1. 独身者の方が幸せ?
  2. 結婚の価値を年収に換算すると?
  3. 結婚には向き不向きがある?

 

①:独身者の方が幸せ・・・?

いい大学に入り、いい会社に入社し、結婚し、子供を育てる。

 

これが日本人が思う典型的な幸せの形だと思います。

 

確かに質の高い結婚をすることで健康寿命が長くなり、幸福度が高まることが科学的にも証明されています。

 

しかしこれは結婚をすることにより、いい人間関係を老後も保つことができたからです。

 

これまでは結婚をしないと良好な人間関係を保つことが難しかったのですが、現代ではSNSの発展、生涯未婚率の上昇により、独身者の方がかえって友人と良好な人間関係を構築しやすくなり、結婚のメリットが失われ始めているんです。

 

実際に2010年にアメリカで行われた研究では、既婚者よりも独身者の方がコミュニケーションが増え、幸福度が高かったという研究結果も出ています。

 

②:結婚の価値を年収に換算すると?

ロンドン大学の研究で人間関係の金銭的価値を調べた面白い実験がありました。

 

簡単にいうと、人間関係を年収に換算するとどれくらいの価値があるのか示したものになります。

 

実験結果は、下記の通りです。

人間関係 金銭的価値
良好な人間関係 760万円/年
結婚 614万円/年
別居・離別 ▲1492万円/年
離婚 ▲199万円/年
死別 ▲1801万円/年

 

この実験結果から「良好な人間関係」は、「結婚」以上に価値があることがわかります。

 

また結婚することにより幸福度が増加することがわかりますが、「別居・離別」、「離婚」、「死別」が与えるダメージが「結婚」の金銭的価値に比べ、はるかに大きいことがわかるはずです。

 

現在の日本では3人に1人が離婚しており、結婚するということは人生にとってリスクが高いと言わざるを得ないんですよね。

 

③:結婚には、向き不向きがある?

オークランド大学の研究では、「対人トラブルが苦手な人が結婚すると幸福度が下がる」と結論づけています。

 

つまり人間関係のトラブルに対してストレスを大きく受けるような人に、結婚は向かないということです。

 

結婚し、共同生活をしていく中で相手の嫌な部分も受け入れてあげなければいけない

 

二人の関係を築くためには、努力しなければいけない、ということです。

 

私の大好きなテレビドラマ「逃げるは、恥だが役に立つ」の中でこのような名言がありました。

 

運命の人なんていない。運命の人にするんだよ。

 

Hulu(2週間無料)で「逃げ恥」を見る。

 

結婚に対する主観的見解

きしたく
私の周りにも結婚をされている方が大勢いますが、正直憧れをいただいたことが一度もありません。

 

一番の理由が『幸せそうに見えない』からです。

 

私が抱く結婚している人のイメージは下記の通りです。

・飲み会に参加できない

・給料は、おこづかい制

・土日は、家族サービス

・35年ローンに追われる

・子供の養育費、教育費に追われる

 

結婚しない方がいい」、「世間体で結婚した」という先輩もいたくらいです笑。

 

結婚するってことは、「自由を失う」ことなのかなと今の僕は漠然と思っています。

 

孤独は、最高の贅沢!?

きしたく
ここからは、私が感じる孤独の贅沢についてお伝えします。

 

  1. 飯がうまい
  2. 自己研磨に勤しむことができる
  3. 趣味に没頭することができる
  4. お金の不安から解放される
  5. 何時に帰っても怒られない

 

①:飯がうまい

孤独のいいところは、何にも邪魔されず対象とぶつかりあえることです。

 

例えば食事、映画、アニメ、睡眠などは、誰にも邪魔されたくないですよね。

 

誰にも邪魔されず1対1でぶつかり合うからこそ、食事の美味しさ、アニメの面白さに真正面からぶつかり合えるんだと思います。

 

孤独な方にオススメする趣味は下記記事を読んでみてください。

>>【ぼっちの趣味】一人でできるお金のかからない趣味 13選

 

②:自己研磨に勤しむことができる

孤独だとまとまった時間を確保しやすく、自己研磨に打ち込むことができますよね。

 

体を鍛えたり、副業に取り組んでみたり、様々なことにチャレンジできますよね。

 

自分自身の成長を感じることができ、人生に対する充実感を味わうことができるはずです。

 

副業にチャレンジしたい方は下記記事をどうぞ。

>>会社員が副業するべき理由と注意点 10選【副業のエッセンスです】

 

③:趣味に没頭することができる

孤独だと趣味に没頭できますよね。

 

友達とキャンプに行きアウトドアを楽しむ。

 

友達と旅行に出かけ、新しい土地に足を踏み入れる。

 

なんの制約も受けることなく、自分の楽しみに時間とお金をつぎ込むことができます。

 

完全無料で趣味を楽しむ方法は下記記事を読んでみてください。

>>【完全無料】映画・ドラム・アニメ・本を365日無料で楽しむ方法

 

④:お金の不安から解消される

孤独になることで、お金の不安から解消されますよね。

 

子供一人を成人まで育てあげることにはおよそ3,000万円がかかることがわかっています。

 

また、家や車を購入した場合には、多額のローンに追われるかもしれませんね。

 

孤独になることでこれらの出費から解放され、お金の不安もなくなるはずです。

 

私の節約生活については下記記事をどうぞ。

>>節約生活はじめました。【20代一人暮らしが節約に目覚めた理由】

 

⑤:何時に帰っても怒られない

孤独だとダラダラしていようと誰にも怒られませんよね。

 

週末は好きなだけ飲み歩き、土日はゆっくり起きることもできます。

 

私の会社の先輩は飲み会中に奥さんから電話がかかってきて、帰宅を余儀なくされていました。

 

その姿にやっぱり結婚って大変なんだなと思わずにはいられなかったです。

 

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

今回は「孤独は贅沢なのか?孤独な男が「結婚」について語ってみた」こういったテーマでお話しさせていただきました。

 

孤独を感じ、将来に不安を抱えている方もおられると思いますが、孤独も案外悪くないものです笑。

 

今回の内容が少しでも皆さんの孤独感を和らげることに貢献できていれば幸いです。

 

それでは

 

-ミニマリスト, 人間関係断捨離

Copyright© KISHILOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.