楽天 節約

楽天モバイルは契約すべき?メリット・デメリットと始め方を紹介

2020年11月29日

モヤモヤ君
楽天モバイルって実際どうなの?

 

こんな疑問にお答えします。

 

きしたく
この記事を書いている私は楽天経済圏で生活する会社員です。

 

本記事の内容

  1. 楽天モバイルとは
  2. 楽天モバイルのメリット
  3. 楽天モバイルデメリット
  4. 楽天モバイルがおすすめな人
  5. 楽天モバイルの始め方

 

楽天モバイルに契約するか、どうかで悩まれている方は多いと思います。

 

なぜなら楽天モバイルは新規サービスであることもあり、不明点がまだまだ多いからです。

 

今回の記事では「楽天モバイルのメリット・デメリットと始め方」を紹介します。

 

この記事を読み終われば「自分が楽天モバイルに契約するべきなのか、どうか」明確になります。

 

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

楽天モバイルとは

楽天モバイルとは楽天モバイル株式会社が運営する格安スマホサービスです。

 

楽天モバイルのプランは以下の通りです。

楽天モバイルの料金プラン

 

楽天モバイルのプランは1つだけです。

 

はてな

そもそも格安スマホとは・・・

格安スマホは大手携帯会社(docomo、au等)に比べ、安価で携帯を利用できるサービスです。

大手携帯会社から格安スマホに移行するだけで、携帯料金が4分の1になることもあり、節約したい人には必須のサービスなんです。

 

楽天モバイル のメリット

 

きしたく
ここから楽天モバイルのメリットについてお伝えします。

 

  1. お得なキャンペーンが豊富
  2. 対応機種ラインアップが豊富
  3. 国内通話が完全無料
  4. 楽天ポイントが貯まる
  5. 高速データ通信が使い放題

 

①:お得なキャンペーンが豊富

楽天モバイルのメリットは豊富なキャンペーンです。

 

楽天モバイルのキャンペーン

  1. 1年間無料キャンペーン
  2. 最大28,000ポイント還元キャンペーン
  3. 家族・友人に紹介で3,000ポイントプレゼント
  4. キャリア決済利用で10%ポイント還元

 

1年間無料キャンペーン

基本料金2,980円の楽天モバイルですが、現在であれば先着300万人を対象に1年間基本料金無料キャンペーンを行なっています。

 

そしてこのキャンペーンは解約金や利用期間の縛りがないので、気に入らなければいつでも解約が可能なんです。

 

楽天モバイルを使いたいという方は、300万人に到達しないうちにサクッと申し込みしておくといいです。

 

またこの機会にネット環境全体を見直したいという方は、楽天ひかり楽天モバイルの両方を申し込むことでひかり回線も1年間無料で使用することができます

 

ただしひかり回線に関しては契約期間中(3年間)契約解除料が必要になるので注意しておきましょう。

 

楽天ひかりについては以下記事をどうぞ。

>>楽天ひかりが1年間無料キャンペーンを実施【メリット・デメリットと始め方を紹介】

 

最大28,000ポイント還元キャンペーン

キャンペーン対象期間中に下記条件をクリアすることで最大28,000ポイントの還元を得ることができます。

  1. 楽天モバイルへの申込→8,000ポイント
  2. スマホも一緒に購入→最大20,000ポイント

※1ポイント=1円

 

楽天モバイルは一部のiphoneシリーズで利用できないのですが、このポイントを活用して対応機器を購入すればいいかと思います。

 

家族・友達に紹介して3,000ポイントプレゼント

キャンペーン対象期間中に楽天モバイルを家族や友達に紹介すると、1人紹介するごとに3,000ポイントを獲得することができます。

 

このキャンペーンを利用することで被紹介者にも2,000ポイントが付与されます。

 

きしたく
ポイント付与対象になるのは、紹介者の楽天モバイルIDにつき5回線までとなっています。

 

キャリア決済利用で10%ポイント還元

対象期間にGoogle Playストアで楽天モバイルキャリア決済を利用することで10%のポイント還元を得ることができます。

 

「楽天モバイルキャリア決済」とはGoogle Playストアで購入するアプリやサービスを楽天モバイルと同じ方法で決済できるサービスのことです。

 

例えばGoogle Playストアでアプリ、漫画、ゲームなどのコンテンツを10,000円分キャリア決済した場合、1,000円分のポイントを獲得することができるんです。

 

②:対応機種ラインアップが豊富

楽天モバイルの魅力は豊富な機種ラインアップです。

 

現在楽天モバイルでは17機種が楽天回線に対応しています。

 

詳細は以下の通りです。

楽天回線対応製品

 

ミニマリストである私としてはRakuten miniが気になります。

 

自分が現在持っている携帯が楽天回線対応可能か、どうかは楽天モバイル公式サイトで確認しておきましょう。

 

③:Rakuten Link利用で国内通話が完全無料

Rakuten Linkのアプリを使用することで国内通話が完全無料になります。

 

このアプリを使用していないと20円/30秒の料金がかかるので必ずダウンロードしておくようにしましょう。

 

▼Rakuten Link

Rakuten Link

Rakuten Link
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

はてな

海外での利用について

海外から国内に向けて通話する際は無料になりますが、国内・海外から海外に向けて通話する際は月額980円のオプションに加入する必要があります。

 

④:楽天ポイントが貯まる

楽天モバイルを使用することにより、楽天ポイントがたまります。

 

詳細は以下の通りです。

楽天ポイントが貯まる

  1. 各種キャンペーンでポイントが貯まる
  2. 楽天市場でのポイント還元率が1%アップする
  3. 楽天モバイルの利用料金でポイントが貯まる

 

各種キャンペーンでポイントが貯まる

キャンペーン対象期間中であれば楽天モバイルに申し込むだけで8,000ポイントを獲得できますし、スマホを購入することで最大20,000ポイントを獲得できます。

 

楽天市場でのポイント還元率が1%アップする

楽天モバイルに新規申込するだけで楽天市場での買い物の1%がポイント還元されます

 

これは楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)とよばれており、楽天が運営するサービスをより多く利用することで、楽天市場での買い物還元率がアップするサービスです。

 

詳しくは以下記事をどうぞ。

>>【楽天SPU×攻略】楽天経済圏で生活してポイント還元率を最大化する方法

 

楽天モバイルの利用料金でポイントが貯まる

楽天モバイルの利用料金の1%が楽天ポイントとして貯まります。

 

ポイント付与対象になるのは以下の通りです。

注意ポイント

ポイント付与対象一覧

Rakuten-Unlimitプラン料金、ユニバーサルサービス料、通話料(国際電話、国際通話かけ放題含む)、SMS送受信料、マカフィーモバイルセキュリティAndoroid版、楽天モバイルWiFi by エコネクト、スマホ操作遠隔サポート、安心コントロール by i-フィルター、スマホ交換保障プラン、データチャージ、これら以外は非対象(引用元:楽天モバイル公式サイト)

 

ちなみに楽天モバイルなど楽天サービスを最大限活用することで、約400万円分の資産所得が手に入るといわれています

 

楽天サービスを最大限活用したい方は以下記事を読んでみてください。

>>【楽天経済圏×入門】楽天経済圏のメリット・デメリットと始め方を紹介

 

⑤:高速データ通信が使い放題

楽天モバイルでは楽天回線エリアでのデータ通信が使い放題です。

 

楽天回線エリアはまだ広くはないですが、順次拡大中のようです。

 

楽天回線エリアに住んでいない人はパートナー回線エリア(au回線)を利用することになります。

 

パートナー回線エリアでは5GB/月でデータ通信制限がかかってしまいますが、通信制限後も1Mbpsと他サービスに比べ、高速で利用することができます。

 

ストレスないデータ通信を楽しみたい人に楽天モバイルはおすすめです。

 

楽天モバイル のデメリット

ここからは楽天モバイルのデメリットについて説明していきます。

 

楽天モバイルのデメリット

  1. 対応機種が限られている
  2. 対応エリアが限られている

 

①:対応機種が限られている

楽天モバイルのデメリットは対応機種が限られていることです。

 

上述した通り17種類のスマホで利用が可能なのですが、iPhoneなど一部の機種で非対応のものがあるんです。

 

自分の端末が対応可能か、どうかは楽天モバイル公式サイトで確認しておきましょう。

 

②:対応エリアが限られている

楽天モバイルのデメリットは対応エリアが限られていることです。

 

対応エリア

  1. 楽天回線エリア
  2. 5G対応エリア

 

楽天モバイルに申し込む前に楽天モバイル公式サイトで対応エリア確認しておきましょう。

 

上述した通り、楽天回線エリア外でもパートナー回線を利用することができますので、5G/月以上使用しない人にとっては関係ない話です。

 

楽天モバイル がおすすめな人

楽天モバイルがおすすめな人は以下のような人です。

 

楽天モバイルがおすすめな人

  1. 格安スマホに切り替えようとしている人
  2. 古い端末を利用している人
  3. 楽天経済圏で生活する人

 

①:格安スマホに切り替えようとしている人

大手キャリア(au、docomo等)から格安スマホに移行を検討されている方は、楽天モバイルがおすすめです。

 

上述した通り、楽天モバイルは現在1年間無料キャンペーンを実施しています。

 

そしてもし気に入らなければ無料で契約を解除することができるので、お試しで格安スマホを使用してみたい人には絶好の機会なんですよね。

 

先着300万人限定のキャンペーンですので、今のうちにサクッと楽天モバイルに切り替えておきましょう。

 

②:古い端末を利用している人

古い端末を利用している人は楽天モバイルに切り替えましょう。

 

例えばスマホが電子決済に対応していないモデルを使用されている方は、新しい端末に変えることをおすすめします。

 

電子決済にすることで生活は豊かになりますし、ポイントが加算されるなどのメリットがあるんです。

 

楽天モバイル対応機器を購入し、楽天モバイルに切り替えておきましょう。

 

③:楽天経済圏で生活する人

楽天経済圏で生活する人は楽天モバイルに切り替えましょう。

 

楽天モバイルを利用することで楽天ポイントがザクザクたまります。

 

楽天ポイントが貯まる

  1. 各種キャンペーンでポイント貯まる
  2. 楽天市場でのポイント還元率が1%アップ
  3. 楽天モバイルの利用料金でポイントが貯まる

 

1年間無料キャンペーンが終わる前にサクッと楽天モバイルに切り替えておきましょう。

 

楽天モバイル の始め方

最後に楽天モバイルの利用開始方法を説明します。

 

  1. 楽天モバイル公式サイトにアクセスする。
  2. 自分の回線エリアを確認する。
  3. 自分の端末が対応機器か確認する。
  4. 楽天ひかりの内容を確認する。
  5. 楽天スタートボーナスチャンスにエントリーする。
  6. 本人確認書類を用意しておく。
  7. 各種サービスを設定する。
  8. 製品を受け取り、初期設定し、完了

※解約方法については携帯会社にお問い合わせください。

 

①:楽天モバイル公式サイトにアクセスする。

 

まずは楽天モバイル公式サイトにアクセスしましょう。

 

②:自分の回線エリアを確認する。

 

下にスクロールし、「サービスエリアマップ」で自分の回線対応エリアを確認しましょう。

 

③:自分の端末が対応機器か確認する。

 

下にスクロールし、自分のスマホが楽天モバイルに対応しているか確認しておきましょう。

 

④:楽天ひかりの内容を確認する。

 

楽天モバイルと楽天ひかりを同時申込することで両方の利用料金が1年間無料になります。

 

楽天ひかりが必要か、どうかは検討しておきましょう。

 

⑤:楽天スタートボーナスチャンスにエントリーする。

楽天モバイルに申込が決まれば、「楽天スタートボーナスチャンス」にエントリーしておきましょう。

 

楽天モバイルとスマホを同時申込することで1,000ポイント獲得することが可能です。

 

ちなみに申込同月内であれば、事後エントリーでもポイント獲得可能です。

 

 

⑥:本人確認書類を用意しておく

本人確認書類(運転免許証等)を用意しておきましょう。

 

⑦:各種サービスを設定する。

 

楽天モバイル公式サイトで申込ボタンをクリックした後は、各種サービスを設定していきましょう。

 

各種サービスの設定

  1. 楽天モバイルWiFi by エコネクト(362円/月)
  2. スマホ操作遠隔サポート(500円)
  3. マカフィー モバイルセキュリティAndoroid版(200円/月)
  4. 安心コントロールby i-フィルター(300円/月)

 

楽天モバイルWiFi by エコネクト(362円/月)

日本全国の豊富な有料Wi-Fiスポットが利用できます。

 

スマホ操作遠隔サポート(500円)

専用オペレーターがスマホの困りごとを遠隔でサポートしてくれます。

 

マカフィー モバイル セキュリティ Andoroid版(200円/月)

ウイルス対策や危険サイトなど、製品を様々なリスクから守ります。

 

あんしんコントロール by i-フィルター(300円/ 月)

18歳未満必須のフィルタリングサービスです。

 

⑧:製品を受け取り、初期設定を行う。

製品が手元に届き次第、製品の初期設定を行いましょう。

 

付属説明書に沿って行えばOKです。

 

最後に下記より「Rakuten Link」、「my 楽天モバイル」のアプリをダウンロードしておきましょう。

 

「Rakuten Link」は無料通話をする際に必要になりますし、「my 楽天モバイル」は料金確認、設定内容変更等に使用することになります。

 

▼Rakuten Link

Rakuten Link

Rakuten Link
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

▼my 楽天モバイル

楽天モバイル SIMアプリ

楽天モバイル SIMアプリ
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

まとめ:楽天モバイルを契約しよう!

最後まで読み進めていただきありがとうございます。

 

今回は『楽天モバイル は契約すべき?メリット・デメリットと始め方を紹介』こういったテーマでお話しさせていただきました。

 

楽天モバイルは現在であれば、1年間無料で使用することができるお得なサービスです。

 

現在格安スマホを検討されている方も別の格安スマホに移行を考えている方も一度楽天モバイルを検討してみてください。

 

それでは

 

 

▼関連記事:【楽天SPU×攻略】楽天経済圏で生活してポイント還元率を最大化する方法

▼関連記事:【楽天経済圏×入門】楽天経済圏のメリット・デメリットと始め方を紹介

-楽天, 節約

Copyright© KISHILOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.