投資 証券口座

SBI証券で米国株をお得に購入する方法【5ステップでOK】

2021年3月28日

モヤモヤ君
SBI証券で米国株を買う方法を教えてください。

 

こんなお悩みにお答えします。

 

きしたく
この記事を書いている私は、SBI証券で米国株に投資している会社員です。

 

米国株に投資するのであれば、SBI証券を利用することがオススメです。

 

なぜならSBI証券であれば、米国株を最安で買付できるからです。

 

以下は大手ネット証券の為替手数料をまとめたものです。

上記の通り、SBI証券の為替手数料が最安であることがわかると思います。

 

今回の記事では上記内容を踏まえ、『SBI証券で米国株をお得に購入する方法』を紹介します。

 

記事を読み終われば『米国株へのお得な投資方法』がわかります。

 

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

きしたく
米国株の買付は、スタバでフラペチーノ飲むくらい簡単ですよ〜♬

 

▼関連記事:米国株が選ばれる5つの理由【資産運用のスタンダードです】

 

STEP①:各種口座を開設する

まずは各種口座を開設しましょう。

 

必要になる口座は以下の通りです。

  1. SBI証券口座
  2. 住信SBIネット銀行口座

 

①:SBI証券口座を開設する

SBI証券口座を開設しましょう。

 

SBI証券の魅力については以下記事をどうぞ。

>>SBI証券のメリット・デメリット7つを紹介【始め方も解説します】

 

②:住信SBIネット銀行口座を開設する

住信SBIネット銀行口座を開設しましょう。

 

為替手数料最安で米国株を購入するには「住信SBIネット銀行口座」が必須です。

 

きしたく
住信SBIネット銀行口座の魅力については、現在記事用意中です。

 

STEP②:銀行口座に『円』を預ける

次に「住信SBIネット銀行口座」に円預金を預けましょう。

 

住信SBIネット銀行の「定額自動入金機能」を利用することがおすすめです。

 

はてな

定額自動入金機能とは・・・指定の銀行口座から定期的に定額を住信SBIネット銀行に入金する機能のこと

 

きしたく
私も「定期自動入金機能」を利用しています。

 

『定期自動入金機能』設定方法は以下の通りです。

 

①:「住信SBIネット銀行アプリ」を開き、「振込・振替」をクリックする

 

 

②:「定額自動入金」をクリックする

 

 

③:「新規申し込み」をクリックする

 

 

④:「契約名」、「引落日」、「引落金額」を入力する

 

注意ポイント

①:引落日は「毎月2日」、「毎月27日」から選択できます

②:定額入金サービスの入金日は引落日の4営業日後です。

 

⑤:引落先の「金融機関」を選択する

 

 

⑥:「暗証番号」、「生年月日」を入力し、「実行する」をクリックする

 

 

⑦:完了

 

 

きしたく
私は給料日に合わせて毎月27日に定額自動入金を設定しています。

 

STEP③:『円』を『ドル』に換金する

次に「住信SBIネット銀行」で「円」を「ドル」に換金しましょう。

 

きしたく
ここがSBI証券を利用して、米国株を最安で購入する肝になります。

 

ちなみにSBI証券を利用した換金方法は以下4つがあります。

 

『SBI FX α』を利用した場合、為替手数料は最安の0.2銭になりますが、「SBI FX α」で換金するには最低100万円(1万米ドル)が必要になります。

 

『SBI FX α』での換金は、資金が必要になるため、今回は『②:住信SBIネット銀行の外貨預金』、『③:住信SBIネット銀行の外貨積立』で換金する方法を紹介します。

 

①:住信SBIネット銀行の『外貨預金』で換金する場合

きしたく
「外貨預金」で換金すると為替手数料は4銭/ドルになります

 

①:「住信SBIネット銀行アプリ」の「メニュー」をクリックする

 

 

②:「外貨預金」をクリックする

 

 

③:「外貨普通預金」をクリックする

 

 

④:「米ドル/円」をクリックする

 

 

きしたく
私は為替レートは気にしていません。この辺りは投資上誤差であり、定期積立することが大切だと考えています。

 

⑤:「出金口座」、「代表口座」、「注文方法」、「買付金額」を入力する

 

 

きしたく
注文方法は「リアルタイム注文」でOKです。説明用画像は週末だったため「ウィークエンド注文」になっています笑

 

⑥:「確定する」をクリックする

 

 

 

きしたく
「外貨預金」なら「外貨積立」と違って、即時換金できることがメリットです。

 

②:住信SBIネット銀行の外貨積立で換金する場合

きしたく
「外貨積立」で換金すると為替手数料は2銭/ドルになります

 

外貨積立の特徴

①:500円から積立可能

②:毎日、毎週、毎月積立可能

③:為替のリスクを低減できる

 

きしたく
外貨積立の方法は以下の通りです。

 

①:「住信SBIネット銀行アプリ」の「メニュー」をクリックする

 

 

②:「外貨積立」をクリックする

 

 

③:「お申込み」をクリックする

 

 

 

④:「買付通貨」、「買付金額」、「買付頻度」を入力する

 

 

 

⑤:「確定する」をクリックする

 

 

きしたく
「外貨積立」は為替手数料は安いですが、計画的な投資が必要になります。

 

STEP④:SBI証券口座に外貨を入金する

次にSBI証券口座に外貨を入金しましょう。

 

方法は以下の通りです。

 

きしたく
ここからはSBI証券のPCサイトにアクセスする必要があります。

 

①:「SBI証券HP」にアクセスし、「外国株式、海外ETF」をクリックする

 

 

②:「外貨入金」をクリックする

 

 

③:「通貨」、「振込金額」、「取引パスワード」を入力し、「振込指示確認」をクリックする

 

 

  ④:「振込指示内容」を確認し、「振込指示」をクリックする

 

 

きしたく
外貨入金はSBI証券のPCサイトでしかできませんので、注意してください。

 

STEP⑤:注文を確定する

次に「米国株」を注文してみましょう。

 

今回は米国株ETFの『SPYD』を購入する例をみていきましょう。

 

きしたく
米国株を購入する際は、SBI証券PCサイトにアクセスする必要があります。

 

①:「SBI証券HP」の「外国株式」をクリックする

 

 

②:「銘柄 or ティッカー」を入力する

 

 

はてな

ティッカーとは・・・銘柄を識別するための記号のこと。例)アップル▶︎AAPL、マイクロソフト▶︎MSFT

 

③:「買付」をクリックする

 

 

④:「買付内容」を入力し、「注文確認画面へ」をクリックする

 

 

きしたく
上記画面の内容は少し複雑なので別途解説しておきます。

 

①:「購入価格」について

 

きしたく
こだわりがなければ「成行」を選択しましょう。

 

②:「預り区分」について

 

きしたく
こちらもこだわりがなければ「特定預かり」を選んでおきましょう

 

③:「決済方法」について

きしたく
手数料を安くするために「外貨決済」を選択しましょう。

 

まとめ:SBI証券で米国株投資を始めよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

今回は『SBI証券で米国株をお得に購入する方法【5ステップでOK】』こういったテーマでお話しさせていただきました。

 

本記事で紹介した『SBI証券で米国株をお得に購入する方法』は以下の通りです。

 

①:各種口座を開設する

②:銀行口座に「円」を預け入れる

③:「円」を「ドル」に換金する

④:SBI証券口座に外貨を入金する

⑤:注文を確定する

 

今回の記事が皆さんの米国株投資のお役に立てれば幸いです。

 

まだSBI証券口座を開設していない人は以下リンクより、サクッと開設しておきましょう。

>>SBI証券口座を開設する

 

それでは

 

▼関連記事:SBI証券のメリット・デメリット7つを紹介【始め方も解説します】

▼関連記事:米国ETFを定期買付する4つのメリット・デメリット【始め方も教えます】

 

-投資, 証券口座

Copyright© KISHILOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.